【販売終了】アクアプランターDFT(循環式)

型番 TJDF
販売価格 6,000円(税込6,480円)
在庫数 申し訳ありません。在庫切れ中。

SOLD OUT

|販売終了のお知らせ|  こちらの商品は、販売終了となりました。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。
循環式で実物野菜の栽培がしやすい水耕栽培キット!

水耕栽培のオールインワンセット!

水耕栽培キット
アクアプランターDFT(循環式)

同シリーズで、ドリップ式のアクアプランターもあります。

水耕栽培キット アクアプランターDFT(循環式)

水耕栽培 キット アクアプランターDFT(循環式)とは
ドリップ式のアクアプランターはこちら

水耕栽培 アクアプランター

アクアプランターは使い方も簡単!

栽培できる植物
実のなる野菜(果菜)、葉物野菜(葉菜)、花・植物などが栽培できます。

【果  菜】  トマト ・ ナス ・ ピーマン ・ キュウリ ...etc
【葉  菜】  レタス ・ パセリ ・ ネギ ・ 大葉(しそ) ・ バジルなどのハーブ全般 ...etc
【花・植物】  お好みのものをどうぞ。

栽培例 観葉植物、実のなる野菜(果菜)トマト、ピーマン、キュウリ、ナス、ゴーヤーなど 葉物野菜(葉菜)パセリ、小松菜、大葉(しそ)、ネギ、ミント、バジルなどのハーブ全般



アクアプランターDFT(循環式)サイズ 【商品詳細】
外形寸法/幅:365×奥行:215×高さ:266(mm)
重量/1.5kg
タンク有効容量/約11リットル
電源/AC100V 50/60Hz共用
消費電力/3.4W/2.7W(50Hz/60Hz)
適合検査/PSE-JET

アクアプランターDFT(循環式)付属品 【付属品】
a : プランターユニット本体
b : 水位レベラー(うき)
c : 水耕栽培用培地(スポンジ)
d : 種子
※チンゲン菜、ベビーリーフレタスなど季節により変わります。
e : 肥料(微粉ハイポネックス120g)
他、アクアポンプ150ユニット、栽培バスケット、苗ガード

【特長】

作物が大きく育つ!
 土を使用しない水耕栽培は、土の抵抗がなく根が良く伸び大きく育ちます。また、収穫量も多くなります。

無農薬野菜の栽培が可能!
 作物の病気の70%は、土を媒介としてやってきます。
 土を一切使用しない水耕栽培は病気になりにくく、無農薬栽培がしやすいです。
 また、連作障害もありません。

スペースさえあれば、どこでも設置可能!
 省スペース対応のコンパクト設計になっています。
 日照条件等の適したスペースであればどこでも置けます。 ※但し、電源(AC 100V)が必要です。

水や肥料が無駄にならない!
 水や肥料を作物が効率よく吸収できるので管理しやすく、肥料代も1Lあたり5円と経済的です。
 (微粉ハイポネックス 120g 標準価格600円を使用した場合)

低騒音・省電力設計!
 低騒音、低消費電力、完全防水型の循環ポンプを使用しているので、循環ポンプの音が非常に静かです。
 ポンプの消費電力は、3.4W/2.7W(50Hz/60Hz)1ヶ月の電気代の目安は、54円/43円(50Hz/60Hz)です。

栽培方法が簡単!
 作物によって栽培方法を変える必要がないので、
 知識や経験が浅くても気軽に野菜、花、ハーブを栽培できます。

メンテナンスが簡単!
 養液減少が、うきの沈み具合でわかる仕組みになっています。
 通常のメンテナンスは、うきを確認の上、減少した分だけ養液を作成し補充するだけでOK!
 (肥料濃度を安定させるために、2週間おきに全量の養液交換をおすすめ)

培地は自由に工夫できる!
 アクアプランターDFTの培地は、栽培目的に合わせて自由に工夫できます。
 付属の水耕栽培用スポンジをおすすめしますが、ロックウール、ミズコケなども使用できます。
 但し、粒の小さい物は、ポンプにつまって故障の原因になる恐れがありますので使用しないで下さい。

※電源について
ポンプの1つの電源が必要となります。
ベランダ等での電源の確保については、コチラのQFAを参照ください。

ベランダ・テラス・お庭にコンセントが無い方も安心!
ウインドケーブルの取扱いをはじめました!

アクアプランターDFT(循環式)の仕組み
アクアプランターDFT(循環式) アクアプランターDFTは、
「湛液型循環式水気耕栽培」を導入しています。
栽培槽と養液槽の上下2槽に養液を溜めます。
その養液をポンプで循環させると、植物の根が良く伸びます。
土耕栽培ではありえないほどの根が生育します。
根が大きく張るので、地上部の生育も良く、
病気に対する抵抗力が強いです。
アクアプランターDFTは、土を一切使わずに栽培するので、
土特有の臭気や雑菌、土中生物の心配はありません。

【培地に関するご注意】
アクアプランターDFTの培地は、栽培目的に合わせて自由に工夫できます。
付属の水耕栽培用スポンジをおすすめしますが、ロックウール、ミズコケなども使用できます。
但し、粒の小さい物は、ポンプにつまって故障の原因になる恐れがありますので使用しないでください。

エコゲリラ店長のひとことメモ
夏季には、トマトのような実もの野菜は、1日2L以上の養液を吸水します。
最大約1.6L/毎分の養液を循環することが可能なアクアポンプ150は、
毎日の水やりから開放してくれるので楽ちんです。
気になる電気代は、なんと!1ヶ月 約54円で経済的♪
みなさんも是非、ご家庭でのトマト栽培にチャレンジしてみてください。
アクアプランターQ&A
アクアプランターDFT(循環式)とアクアプランターDRIP(点滴式)の違いは?
アクアプランターDFT(循環式)は、水中ポンプによって養液を上下槽(栽培槽と養液槽)で
循環させる水耕栽培器です。最大約11Lの養液を循環することができます。
栽培槽(根を張るスペース)は、養液の水位を変えることにより
根幹部に空気層を作り、根腐れを予防する仕組みをとっています。
培地がスポンジで小さな種でも発芽しやすく、
苗ガードも付属なので苗からの定植にも対応ができます。
トマト、ナス、ピーマン等の養液の吸収量の多い作物に向いています。
アクアプランターDRIP(点滴式)は、エアーポンプを利用して養液を循環しています。
日向砂に養液をドリップするので、植物が養液を吸いやすい環境にあります。
また、根幹部に多くの空気(酸素)が必要な作物に最適な栽培器です。
イチゴ、きゅうり、ネギ、ラディッシュ等の
根幹部に多くの空気(酸素)が必要な作物に向いています。
栽培テストでは、花もDRIP(点滴式)の方が大きく育つ傾向にあります。
容量が最大約8Lなので養液の吸収量の多い作物を栽培する場合、
養液補充の回数がDFT(最大約11L)より1〜2回程度多くなります。
両器とも実績のある養液栽培方式です。

»ほかのアクアプランターQ&Aはコチラから

≪消耗品のスポンジ代替品に関しまして≫
取扱している葉菜用スポンジ培地はもちろん、一般的なスポンジを加工してもご利用できます。
また、ハイドロボール、ボラ土(ホームセンターや園芸店にある一般的なもの)でも代用できます。

水耕栽培用スポンジ培地

アクアプランター各種キットの消耗品・アクセサリーなどオプション商品取り揃えております!

商品ピックアップ

search
  • 15,000円(税抜)以上のお買い上げで送料無料
  • 正午までのご注文で当日発送可!!
  • 中小〜農業プロ用
商品事業向け
  • プライスダウン!!今お買い得の商品一覧
  • 在庫特価もあります!お早めに!在庫限りで販売終了品!

商品から探す

行動から探す

その他

  • エコゲリラ定期発信読み物コーナ始めました♪
  • お見積もり提出可能です!!
  • FAX注文OK!!
  • 屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
    屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
  • 水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
    水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
  • 家庭菜園初心者.net
    家庭菜園初心者.net
  • facebook
  • instagram
  • twitter