温室について教えて!
温室の利点ってなぁに?効果は?
温室があれば、年中野菜栽培を楽しむことが可能です

温室での栽培の1番の利点は、年間を通して安定した栽培が可能ということでしょう。
ハウス栽培も、温室栽培のひとつです。
温室・ハウス栽培には、暖房設備があるものとないものがあります。
温室・ハウス栽培は、通常栽培よりも栽培時期を前後に延ばすことができたり、
さらに、暖房設備(夜温を10℃以上に保つ栽培装置)があれば、
いつでもお好きな時期に年2回栽培することが可能なのです。
カラスや鳥、虫の被害があるので心配。無農薬栽培したいのに・・・
冬になると、菜園が空いてしまう・・・
冬は、霜や雪で植物がどうしてもうまく育たない・・・といったお悩みも、
温室やハウスがあれば、解決への近道かもしれませんね。

温室栽培
温室への第一歩
温室は、本格的に菜園を楽しみたい方をお手伝い。
温室の特長

温室の種類は様々です。まず、室内用の温室と、屋外用の温室があります。
またその中で、暖房設備がある温室と、暖房設備がない温室があります。
お使いになる場所、用途に合わせてご利用くださいね!
»温室の種類について簡単な説明はこちらから

年中、菜園を楽しむことができる

通常栽培の場合、冬になると菜園が開いてしまうのが現状です。
温室あれば、栽培時期が広がるので通常栽培よりも長くお楽しみいただけます。
さらに暖房設備かあれば、冬でも野菜を育てることが可能になります。

無農薬栽培が可能

病気をもたらす鳥や昆虫、風などから隔離されるので、農薬をまく必要が軽減されます。
無農薬野菜が、健康にいいのはモチロンです。
日々、新鮮な無農薬野菜を自給自足できるのは、一番安心できますよね。

カラスや鳥の飛来を防ぐことができる

栽培中の野菜へ病気を運んでくるのは、カラスや鳥などが多いのですが、
実がつき始めた頃につつかれていたり、落ちていたり、と残念な思いをしたことが多々あります。
四季を問わずに起こる、そんな被害から守ることができるのが、温室なのです。
特に夏場の屋外で使用の際は、定期的な換気を心がけましょう。

冬場の菜園の対策に

冬場の霜や積雪から、植物や野菜を守ることができます。
せっかく大きく育った野菜が枯れてしまうと、悲しい気持ちになりますよね。
冬場の菜園を諦めていた方も、安心して楽しむことができます。

ランなどの観葉植物にも!

大切な洋ランや鉢植えなどの観葉植物を、いきいきと育て、長く楽しむことができます。
オプションアイテムをつけることで、成長を促進します。

栽培条件 特 徴
室内
※暖房設備なし

ランなどの観葉植物に。

【適応商品】
グリーン温室
室内
※暖房設備あり

オプションアイテムで、ランなどの観葉植物がさらに長持ち。
また、室内でも野菜の栽培が可能になります。

【適応商品】
グリーン室内温室温室オプション
屋外
※暖房設備なし

通常栽培よりも栽培時期を前後に延ばすことが可能。

【適応商品】
ビニールハウス
屋外
※暖房設備あり

温室で、夜温を10℃以上に保つ栽培装置かあれば、
いつでもお好きな時期に年2回栽培することが可能。

【適応商品】
プチカシリーズビニールハウス温室オプション
search
  • 15,000円(税抜)以上のお買い上げで送料無料
  • 正午までのご注文で当日発送可!!
  • 中小〜農業プロ用
商品事業向け
  • プライスダウン!!今お買い得の商品一覧
  • 在庫特価もあります!お早めに!在庫限りで販売終了品!

商品から探す

行動から探す

その他

  • エコゲリラ定期発信読み物コーナ始めました♪
  • お見積もり提出可能です!!
  • FAX注文OK!!
  • 屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
    屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
  • 水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
    水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
  • 家庭菜園初心者.net
    家庭菜園初心者.net
  • facebook
  • instagram
  • twitter