水耕栽培ワンステップ「ECとpHとは」


水耕栽培をはじめていくと「よりおいしく育てたい!」「より元気に育てたい!」と、もっと水耕栽培について追及していくものです。肥料はもちろんですが、ネット上でも水耕栽培における「EC」と「pH」が飛び交っていることから、どちらがどちらかわからないままEC計やpH計をお買い求めになられる方も多くいらっしゃるようです。そこで、簡単にではありますが、水耕栽培におけるECとpHについて紹介いたしますのでぜひ参考に。ECとpHを学びながらより快適な水耕栽培をお楽しみください。

水耕栽培の EC について

ECってなに?

EC関連商品

EC(肥料濃度)を調べる計器です。
家庭用からプロ向けの商品をご用意しております。防水型なので水耕栽培におすすめ!

水耕栽培の pH について

pHってなに?

pH調整は必要?

pHは植物の生長に必要な肥料の効き方に大きく関係しています。
水耕栽培の場合、例えば、リン酸(P)は、養液が酸性になると、鉄・マンガン・アルミニウムなどが遊離し、リン酸を固定してしまいます。逆にアルカリ性の場合は、石灰塩として沈殿し溶けてなくなります。 現実的に、リン酸が植物に吸収されやすいのは、弱酸性のpH5.5〜6.5ぐらいと言えます。 弱酸性の範囲があらゆる植物の生育に適し、どの栄養分も吸収しやすくなります。 一般的に収穫期〜後期になると、液肥の濃度が高くなってきますが、同時に液肥のpHは下がってくる傾向にあります。pH4〜5では窒素・リン酸などが吸収しにくくなるのでpH調整が必要となります。また、活力剤の中にはpHを極度に下げる物もあるので注意が必要です。水耕栽培では容易にpHが変化しやすいので、植物の育成には、必要に応じて細かなpH調整と液肥濃度の調整が重要となります。
pHを下げるには、pHダウン剤をご使用ください。
エコゲリラのpHダウン剤は、お客様のご意見を参考にとことん使いやすいPHダウン剤をお作りしました。初心者の方でも大変使いやすい商品と評判をいただいております。

pH関連商品

pHを調べる計器です。
家庭用からプロ向けの商品をご用意しております。防水型なので水耕栽培におすすめ!

水耕栽培の EC と pH の関係について

ECとpHの関係

pHダウン剤

pHを調整したい時にどうぞ。家庭用からプロ向けサイズをご用意しております。 pH調整剤を使用すれば培養液の入れ替えが原則不要ですので、環境にも優しいです。 エコゲリラのpHダウン剤は、お客様のご意見を参考にとことん使いやすいPHダウン剤をお作りしました。 初心者の方でも大変使いやすい商品と評判をいただいておりますので、ぜひお試しください。

search
  • 15,000円(税抜)以上のお買い上げで送料無料
  • 正午までのご注文で当日発送可!!
  • 中小〜農業プロ用
商品事業向け
  • プライスダウン!!今お買い得の商品一覧
  • 在庫特価もあります!お早めに!在庫限りで販売終了品!

商品から探す

行動から探す

その他

  • エコゲリラ定期発信読み物コーナ始めました♪
  • お見積もり提出可能です!!
  • FAX注文OK!!
  • 屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
    屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
  • 水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
    水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
  • 家庭菜園初心者.net
    家庭菜園初心者.net
  • facebook
  • instagram
  • twitter