肥料 活根彩果 カッコンサイカ 200mL ボトル 濃縮タイプ

型番 AC4KS02
販売価格 1,463円(税込1,580円)
購入数


アミノ酸効果で脅威の根張りを実現する液体肥料・発根剤!

活根彩果(カッコンサイカ)
200mLボトル ※濃縮タイプ

200mL2kg5kg箱10kg箱 がございます。※全種濃縮タイプ

活根彩果(カッコンサイカ)

甘彩六花シリーズは100%天然由来の原料を使用しています。
»甘彩六花シリーズについてはコチラから

活根彩果(カッコンサイカ)

【活根彩果(カッコンサイカ)】
特殊コーティングされたコラーゲン由来のアミノ酸が、「根」に直接作用する活根彩果。新しい根を驚くほどに張り巡らせ、活着を促進します。あらゆる植物の成長の根源となる「驚異の根張り」を体感してください。
肥料成分:N-3.0% P-0.2% K-0.25%

【商品説明】
肥料の栄養成分を特殊技術により発行酵素でコーティングし、
界面活性化させることで、高効率で作物に作用する甘彩六花シリーズ。
その中で活根彩果(カッコンサイカ)は、満を持して登場する次世代の発根剤です。
コーティングされたアミノ酸が、最良の栄養分として根に直接吸収され作用する事で、
新しい根を驚くほど張り巡らせ、定植時の活着を促進します。
植物成長の根源となる「脅威の根張り」を体感してください。

【商品詳細】
容量/200mL
※濃縮タイプなので希釈してご使用ください。

【特徴】
・根の成長促進にともなう活着促進、根腐れの予防!
 活根彩果の主原料は高タンパクのコラーゲン。そこには豊富にアミノ酸が含まれています。
 このアミノ酸を界面活性コーティングしたものが根に作用することによって
 他に類を見ない驚くべき根張りを実現しました。
・土壌成分の吸収効率化!
 界面活性酵素の力で、根の周辺に存在する窒素・リン酸・カリウム等の肥料成分を界面活性化し
 栄養分として吸収させるため、他の肥料を施肥するのと同じ効果を発揮します。
・安心・安全!
 甘彩六花シリーズは100%天然由来の原料を使用し、
 農業王国・九州で厳正な品質管理の下、製造しています。
 人体に有害な物質は一切含まれておりませんので、安心してお使いいただけます。

【使用期間】
定植前・定植直後には5日間隔で2〜3回、その後は1ヶ月に1度のペース。
※野菜・果実・花の種類により、細かい使用方法は異なります。

【使用方法】
500倍〜1000倍に希釈し10aを目安に潅注してください。
定植前・定植直後には5日間隔で2〜3回、その後は1ヶ月に1度のペースで行ってください。
葉面散布でも効果はありますが、潅注の方がより効果的です。

【対象作物】
葉采系、果菜系、根菜系、園芸植物等作物全般に使用可能です。
特に、苗の定植前後や年間を通じた芝生の管理に抜群の効果を発揮します。

【使用上の注意】
・幼児が飲んだりしないよう、手の届かない所に保管してください。
・皮膚や目に直接かかった場合は、石けんで洗浄し、十分洗い流してください。
・本品の保管は、冷暗所に保管してください。
・本剤は発酵処理を行っているため沈殿物がありますが、効果・商品の品質には問題ございません。
 お手数ですが沈殿物は除去してお使いください。
・単剤での使用をおすすめします。アルカリ剤の農薬とは混用しないでください。
・石灰硫黄合剤と混合すると、有毒ガスが発生する恐れがあり危険です。混用は行わないでください。

甘彩六花(アマイロリッカ)シリーズを使った栽培方法
  • トマトの育て方
  • キュウリの育て方
  • イチゴの育て方
エコゲリラ店長のひとことメモ
驚くほどに根張りがよくなり、定植後の活着スピードがはやいです。
根を張る全ての作物に効果抜群!芝生にも効果抜群で青々と育ちます!
購入された農業プロの方からもたくさんの嬉しい声が届いております。

活根彩果(カッコンサイカ)

商品ピックアップ

送料改定


search
  • 15,000円(税抜)以上のお買い上げで送料無料
  • 正午までのご注文で当日発送可!!
  • 中小〜農業プロ用
商品事業向け
  • プライスダウン!!今お買い得の商品一覧
  • 在庫特価もあります!お早めに!在庫限りで販売終了品!

商品から探す

行動から探す

その他

  • エコゲリラ定期発信読み物コーナ始めました♪
  • お見積もり提出可能です!!
  • FAX注文OK!!
  • 屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
    屋上緑化・菜園-屋上緑化菜園の企画施工
  • 水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
    水耕栽培・ハイポニカの情報サイト
  • 家庭菜園初心者.net
    家庭菜園初心者.net
  • facebook
  • instagram
  • twitter