水耕栽培 スポンジ 種まきのポイント

水耕栽培をはじめる方で、種からの発芽がうまくいかずに断念してしまう方も多いようです。

発芽には、3つの条件ちょっとしたコツがあります。
それを踏まえた 水耕栽培 スポンジ培地 の場合の、種まきのポイントを紹介します。

水耕栽培 発芽の3つの条件

●水分
スポンジ培地に、水分が十分含まれていますか?
スポンジ培地は十分に水を含ませてください。空気が残ったままで育てると発芽しにくくなります。

●温度
温度は15~25℃を保てていますか?
作物が発芽するのに適した温度があるので発芽適温を守りましょう。(発芽適温は作物の品種によって異なります)
気温が低い寒くなる時期になってくると、発芽させる容器の下にヒーターマットを敷いてあげると発芽率がぐんとあがります。

●湿度
培地が乾燥しないよう、蓋をしていますか?
発芽するまでの乾燥は種の大敵です。布や新聞紙などで蓋をしましょう。

 

 

水耕栽培 種まきのちょっとしたコツ

スポンジ培地にしっかりと水分含ませることが重要です。種は一度濡れて乾いてしまと、種が窒息してしまった状態になり、発芽しなくなってしまいます。

スポンジの空気をしっかり抜く!

水を含ませるだけではダメです。

スポンジを手でしっかり「ギュっ」と握りつぶして、スポンジから空気を出して水分を含ませましょう。

これを何度か繰り返します。

この空気を抜くことがちょっとしたコツです。いえ、ちょっとしたどころではなく重要なポイントです。

乾燥が大敵になるので、しっかり守ってくださいね。

たっぷりと水を含んだスポンジ培地に種をまきましょう。

発芽までに乾いているかな?と心配に思ったら、霧吹きなどで水分を与えてくださいね。一度種が乾燥してしまったら、その種は発芽しません。

あとは、先程も挙げた「温度」「湿度」を守りましょう。

もうひとつ。ココロも大事だなーっとつくづく思います。
なぜなら、種も生き物です。
発芽に一番大きなパワーが宿ります。
あたたかいココロと愛情をもってすれば、発芽率もさらにUPしますよ^^

 

発芽する容器はドーム型のトレーもおすすめです。

水耕栽培専門店のエコゲリラ
https://eco-guerrilla.jp/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です